~より高く はばたけ希望 みやこの空に~  第49回全国ろうあ者体育大会in京都(2015年9月17日~20日開催)の公式Webサイトです。

競技実施要項

全国ろうあ者体育大会 競技実施要項

(PDF形式:2015/06/04掲載 ★=改正された要項)
PDFアイコン第61回野球競技(軟式)★
PDFアイコン第49回卓球競技★
PDFアイコン第47回バレーボール競技★
PDFアイコン第46回陸上競技
PDFアイコン第35回サッカー競技
PDFアイコン第34回テニス競技
PDFアイコン第28回ボウリング競技
PDFアイコン第23回ソフトボール競技
PDFアイコン第23回バドミントン競技
PDFアイコン第16回バスケットボール競技

全国ろうあ者体育大会 競技実施要項規定

pdfPDF版はこちらからダウンロードできます。

1.実施競技種目

実施競技種目は次の通りとする。

 

 

備考

競技

男子の部

女子の部

9月19日(土)

9月20日(日)

(2日間)

第61回野球競技

全国9ブロックから選ばれた11チーム及び大会開催地を含めた12チームによるトーナメント戦

第49回卓球競技

団体戦

団体戦

・シングル戦は一般とシニアのいずれかに出場する。

・ダブルス戦出場者は団体戦に出場できない。

一般 シングルス戦

一般 シングルス戦

シニア シングルス戦

シニア シングルス戦

ダブルス戦

ダブルス戦

混合ダブルス戦

第47回バレーボール競技

6人制

6人制

 

第46回陸上競技

100m

100m

 

 

 

 

1人2種目まで出場可

但しリレーを除く

 

・男女とも1部・2部の種目は共通

・1部は39歳以下

・2部は40歳以上

(但し、1部へ出場可)

200m

200m

400m

400m

800m

 

1,500m

1,500m

5,000m

5,000m

10,000m

 

4×100mR

4×100mR

4×400mR

 

110mH

 

走幅跳

走幅跳

走高跳

走高跳

三段跳

 

砲丸投

砲丸投

やり投

やり投

円盤投

 

第35回サッカー競技

全国9ブロックから選ばれ、大会開催地を含めた8チームによるトーナメント戦

第34回テニス競技

Aクラスシングルス戦

Aクラスシングルス戦

・AクラスかBクラスのいずれかに出場する。

Aクラスダブルス戦

Aクラスダブルス戦

Bクラスシングルス戦

Bクラスシングルス戦

Bクラスダブルス戦

Bクラスダブルス戦

第28回ボウリング競技

団体戦

団体戦

 

個人戦

個人戦

第23回ソフトボール競技

全国9ブロックから選ばれ、大会開催地を含めた14チームによるトーナメント戦

第23回バドミントン競技

1部シングルス戦

1部シングルス戦

・種目は 1種目から全種目まで参加できる

1部ダブルス戦

1部ダブルス戦

2部シングルス戦

2部シングルス戦

2部ダブルス戦

2部ダブルス戦

混合ダブルス戦

第16回バスケットボール競技

5人制

5人制

 

2.表   彰

(1) 表彰は次のとおりとする。 

野球競技

優勝チーム

賞状、持回りの優勝旗・杯、全員に金メダル

準優勝チーム

賞状、持回りの準優勝杯、全員に銀メダル

第3位チーム

賞状、全員に銅メダル

個  人  賞

最高殊勲選手賞、最優秀投手賞、最優秀打者賞及び敢闘賞

卓球競技

団 体 戦

優勝チーム

男女別に賞状、持回りの優勝旗、選手全員に金メダル

準優勝チーム

男女別に賞状、選手全員に銀メダル

第3位チーム

男女別に賞状、選手全員に銅メダル

シングルス戦

(一般・シニア別)

(男女別)

優勝

男女別(一般・シニア別)に賞状、金メダル

準優勝

男女別(一般・シニア別)に賞状、銀メダル

第3位

男女別(一般・シニア別)に賞状、銅メダル

ダブルス戦

(男女別)

優勝組

男女別に賞状(2人)、金メダル(2人)

準優勝組

男女別に賞状(2人)、銀メダル(2人)

第3位組

男女別に賞状(2人)、銅メダル(2人)

混合ダブルス戦

優勝組

賞状(2人)、金メダル(2人)

準優勝組

賞状(2人)、銀メダル(2人)

第3位組

賞状(2人)、銅メダル(2人)

陸上競技

各 種 目

(男女別)

(1部・2部別)

第1位

男女別(1部・2部別)に賞状、金メダル

第2位

男女別(1部・2部別)に賞状、銀メダル

第3位

男女別(1部・2部別)に賞状、銅メダル

リ レ ー

(男女別)

第1位

男女別に賞状、金メダル(4人)

第2位

男女別に賞状、銀メダル(4人)

第3位

男女別に賞状、銅メダル(4人)

男女別団体対抗

優勝チーム

男女別に賞状、持回り優勝旗

準優勝チーム

男女別に賞状

第3位チーム

男女別に賞状

(1) 新記録等優秀な記録を出した選手に男女別の最優秀選手賞としてトロフィー又は楯を授与する

(2) 各種目において競技区分毎1位から3位までにメダルを授与する。また、リレーにおいては1位から3位までのチームにメダルを授与する。

 但し、参加者(参加チーム)が少ない場合は下記のとおりとする。
 1.同一区分の参加人数が3人まで(リレーは参加3チームまで)金メダルのみ 
 2.同一区分の参加人数が6人まで(リレーは6チームまで)金、銀メダルのみ
 3.同一区分の参加人数が7人以上(リレーは7チーム以上)金、銀、銅メダル      

(3) 参加者全員に記録証を発行する。但し、リレーは1チームに1枚とする。

バレーボール競技

優勝チーム(男女別)

男女別に賞状、持回りの優勝旗・杯、全員に金メダル

準優勝チーム(男女別)

男女別に賞状、全員に銀メダル

第3位チーム(男女別)

男女別に賞状、全員に銅メダル

サッカー競技

優勝チーム

賞状、持回りの優勝旗、全員に金メダル

準優勝チーム

賞状、全員に銀メダル

第3位チーム

賞状、全員に銅メダル

個  人  賞

最優秀選手賞(1人)、優秀選手賞(ベスト4チームから各1名)

テニス競技

シングルス戦

(A・Bクラス別)

(男女別)

優勝

男女別(A・Bクラス別)に賞状、金メダル

準優勝

男女別(A・Bクラス別)に賞状、銀メダル

第3位

男女別(A・Bクラス別)に賞状、銅メダル

ダブルス戦

(A・Bクラス別)

(男女別)

優勝組

男女別(A・Bクラス別)に賞状(2人)、金メダル(2人)

準優勝組

男女別(A・Bクラス別)に賞状(2人)、銀メダル(2人)

第3位組

男女別(A・Bクラス別)に賞状(2人)、銅メダル(2人)

ボウリング競技

団 体 戦

(男女別)

優勝チーム

男女別に賞状、持回りの優勝旗、全員に金メダル

準優勝チーム

男女別に賞状、全員に銀メダル

第3位チーム

男女別に賞状、全員に銅メダル

個 人 戦

(男女別)

優勝

男女別に賞状、金メダル

準優勝

男女別に賞状、銀メダル

第3位

男女別に賞状、銅メダル

第4位~第6位

男女別に賞状

個人戦最高得点者

男女別にHG賞、HS賞

バドミントン競技

シングルス戦

(男女別)

(1部・2部別)

優勝

男女別(1部・2部別)に賞状、金メダル

準優勝

男女別(1部・2部別)に賞状、銀メダル

第3位

男女別(1部・2部別)に賞状、銅メダル

ダブルス戦

(男女別)

(1部・2部別)

優勝組

男女別(1部・2部別)に賞状(2人)、金メダル(2人)

準優勝組

男女別(1部・2部別)に賞状(2人)、銀メダル(2人)

第3位組

男女別(1部・2部別)に賞状(2人)、銅メダル(2人)

混合ダブルス戦

優勝組

賞状(2人)、金メダル(2人)

準優勝組

賞状(2人)、銀メダル(2人)

第3位組

賞状(2人)、銅メダル(2人)

ソフトボール競技

優勝チーム

賞状、持回りの優勝旗・杯、全員に金メダル

準優勝チーム

賞状、持回りの準優勝杯、全員に銀メダル

第3位チーム

賞状、全員に銅メダル

個  人  賞

最高殊勲選手賞、最優秀投手賞、最優秀打者賞及び敢闘賞

バスケットボール競技

団 体 戦

(男女別)

優勝チーム

男女別に賞状、持回りの優勝旗、全員に金メダル

準優勝チーム

男女別に賞状、全員に銀メダル

第3位チーム

男女別に賞状、全員に銅メダル

(2) ※印の前年度優勝チーム(野球、ソフトボールは準優勝チームにも)に対して、男女別に記念レプリカを授与する。(※ 野球、卓球、陸上、バレーボール、サッカー、ボウリング、ソフトボール、バスケットボール)
(3) 各競技の出場資格で言う「ブロック」とは、一般財団法人全日本ろうあ連盟の地域組織(加盟団体)を全国9地区(北海道、東北、北信越、関東、東海、近畿、中国、四国、九州)に区分した地域を言う。

3.大会参加資格について
(1) 役員は、連盟の会員であって、定められた大会参加料を納入した者。また、連盟会員でない健聴者の監督・コーチ等で、大会参加料を納入した者。
(2) 選手は、連盟の会員であって、定められた大会参加料を納入した16歳以上の聴覚障害者。
(3) 連盟会員でない聴覚障害者の高校生で、定められた大会参加料を納入した者。加盟団体は参加申込用紙に、その選手の学校名、在学年度を明記しなければならない。

4.大会参加料について
(1) 選手・役員等の参加に要する費用は、所属団体又は各自において負担する。
(2) 卓球・テニス・バドミントン競技で、ダブルス戦出場のみの場合でも、個人参加料は負担しなければならない。
(3) 選手以外の者(体育部長・監督・コーチ・マネージャー・スコアラー等競技にかかわる者)は、選手と同額の個人参加料を納入するものとする。
(4) 役員は、参加団体役員(体育部長含む)、一般財団法人全日本ろうあ連盟スポーツ委員会役員(当委員会技術委員も含む)とし、個人参加料を納めなければならない。
(5) 一旦納入した参加料は、大会参加申込締切日以降、理由の如何にかかわらず返金しないものとする。参加キャンセルによる返金は認めない。また、参加キャンセルによる代理選手は新たに参加料を納入しなければならない。

【個人参加料】

種   目

単 位

参加料

野球  卓球  バレーボール  サッカー   

バドミントン ソフトボール  バスケットボール

1人

5,000円

テニス

1人

5,500円

 陸上(1人2種目まで)   ボウリング

1人

8,000円

【ダブルス】

卓球     バドミントン

ダブルス1組

(1人あたり)

2,000円

(1,000円)

テニス

ダブルス1組

(1人あたり)

2,500円

(1,250円)

※ダブルス種目参加料については、「[参考]ダブルス種目のある競技の参加料早見表」をご参照ください。

【団体参加料】

種   目

単 位

参加料

野球  サッカー ソフトボール

1チーム

6,000円

卓球  陸上

1チーム

3,000円

バレーボール  バスケットボール

1チーム

4,000円

ボウリング

男子1チーム

16,000円

女子1チーム

13,000円

【役  員】

 

 

参加料

参加団体役員、一般財団法人全日本ろうあ連盟スポーツ委員会役員(当委員会技術委員も含む)

1人

5,000円

【高校生の参加料】 pdf高校生参加料一覧表を参照してください。(専攻科の方は対象外となります。)

[参考] ダブルス種目のある競技の参加料早見表

 1 第1希望種目はシングルスやダブルスにも関わらず個人参加料とする。個人参加料は、卓球5,000円、テニス5,500円、バドミントン5,000円です。

 2 第2希望種目からダブルス戦に出場する場合、追加料金として1組2,000円(テニスは2,500円)で、1人1,000円(テニスは1,250円)/組となる。

 3 各競技で希望種目数により、下記通りの組合せで、一人あたりの参加料を算出する。

1.卓球競技

〔参加条件〕

 

 

 

1.団体戦出場選手はシングルス戦に参加できるが、ダブルス戦には参加できない。

2.団体戦出場選手も個人参加料を納める。

3.ダブルス戦(男・女)と混合ダブルス戦は、どちらにも参加できる。

4.シングルス戦は、全選手が出場できる。

希望種目数

 

シングルス

男子ダブルスor女子ダブルス

混合ダブルス

参加料合計/1人

 

 

1種目希望

 

A選手

5,000

 

 

5,000

B選手

 

5,000

 

5,000

C選手

 

 

5,000

5,000

 

2種目希望

 

A選手

5,000

1,000

 

6,000

B選手

 

5,000

1,000

6,000

C選手

5,000

 

1,000

6,000

3種目希望

A選手

5,000

1,000

1,000

7,000

2.テニス競技 

〔参加条件〕

 

 

 

1.選手はAクラスとBクラスのどちらかに出場できますが、両クラス同時出場はできない。

2.Aクラス、Bクラスも、シングルス・ダブルスの単数、複数出場はできる。

3.第1日目シングルス、第2日目ダブルスを行う。

希望種目数

 

シングルス

男子ダブルスor女子ダブルス

混合ダブルス

参加料合計/1人

1種目希望

A選手

5,500

 

 

5,500

B選手

 

5,500

 

5,500

2種目希望

A選手

5,500

1,250

 

6,750

3.バドミントン競技

〔参加条件〕

 

 

1.1種目から全種目まで参加できる。

2.1部の選手は2部のダブルスに出場することはできない。

 (例:1部の選手と2部の選手がペアを組む場合、1部ダブルスに出場しなければならない。)

希望種目数

 

シングルス

男子ダブルスor女子ダブルス

混合ダブルス

参加料合計/1人

 

A選手

5,000

 

 

5,000

1種目希望

B選手

 

5,000

 

5,000

 

C選手

 

 

5,000

5,000

 

A選手

5,000

1,000

 

6,000

2種目希望

B選手

 

5,000

1,000

6,000

 

C選手

5,000

 

1,000

6,000

3種目希望

全選手

5,000

1,000

1,000

7,000

5.記録発表
(1)競技記録は、大会本部から発表する。
(2)陸上競技における大会新記録、日本新記録については、記録証(都道府県陸上競技協会の公印捺印)を発行する。

6.注意事項
(1) 大会参加申込締切日以降の出場選手の変更について
事故等による選手、監督、コーチ等の変更は、別紙 (様式Ⅰ「登録選手変更届」・様式Ⅱ「監督・コーチ変更届」) を9月18日(金)10:00開始の監督主将会議に提出すること。期限を過ぎての提出、また選手の追加は認めない。
1.登録選手の変更   → 様式Ⅰ「登録選手変更届」により届ける。
2.監督・コーチの変更 → 様式Ⅱ「監督・コーチ変更届」により届ける。
3.ボウリング競技の登録選手及び投球順の変更 → 様式Ⅲ「メンバー及び投球順変更届」により届ける。

(2) ダブルスのペア編成について(卓球競技、テニス競技、バドミントン競技)
1.ダブルスのペアが組めないということは、例えば、1加盟団体で選手一人しかいなく、ダブルスの必要条件を満たせない場合をいう。
2.他の加盟団体の者とダブルスペアを組む場合、本人は別紙(様式Ⅳ)「ダブルス組合せ同意書」に他の加盟団体の選手氏名を記入し6月18日(木)までに所属協会へ提出すること。提出があった加盟団体(所属協会)は、他の加盟団体の同意を得て6月30日(火)までに実行委員会に提出すること。FAXによる提出や期限を過ぎての提出は認めない。 

(3) 監督主将会議
1.各競技の監督主将会議を次のとおり開催する。
1) 日 時:2015年9月18日(金)午前10時~12時
2) 場 所:京都アスニー
2.本会議への出席資格は、各競技の監督および主将又はその代理人とし、男女各チームでそれぞれ2名以内とする。
抽選会のある競技において監督および主将が共に欠席、あるいは遅刻した場合、原則として出場を取り消したものとみなす。やむを得ず代理人が出席する場合は、別紙(様式Ⅴ)「委任状」を9月18日(金)10:00に、監督主将会議へ代理人が提出すること。

(4) ゼッケン
各競技実施要項(一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ)を参照。

(5) 競技会場への入場
1.競技会場への入場は、係役員の指示に従うこと。
2.競技会場へ入場できる者は、競技役員、補助員等競技運営に関わる者、選手、指定された実行委員及び手話通訳等、許可を受けた者に限る。

(6) 開会式について
1.今回の大会では、シルクホールにて行いますので、多くの役員・監督・主将・選手のご参加をお願いします。体育部長は協会旗を必ず持参してください。(旗手は9月18日(金)13:00までにお集まりください。)
2.監督、主将、選手はユニフォームを着用すること。

(7) 盲ろう者への情報保障について
盲ろう者への通訳介助は開会式・競技会場内に限り実行委員会が用意します。大会に参加をする方で通訳介助を希望される場合は実行委員会までご連絡ください。なお会場までの通訳介助者は各自で手配ください。(通訳介助者の大会参加費は無料です)

7.競技についての諸注意
(1)全競技において、不時の負傷又は病気については、応急手当以外は主催者で行わない。
(2)競技中の負傷や病気を未然に防ぐために、選手は日頃の健康管理に努め、また、競技前に準備運動を丹念に行うこと。
(3)選手は必ず健康保険証を持参し、各種傷害保険に加入すること。
(4)荒天時における競技実施態勢については、主催者において決定する。
(5)競技進行中に起きた競技者の行為又は順位の決定に関して異議ある場合は、その競技者又は代理人から文書又は口頭で、直ちに申し出ることができる。これについては、審判長が判定し、その決定は最終的なものである。
(6)各競技規則で競技服装について定められている場合は、その服装で競技すること。
(7)各競技会場となる施設の利用にあたっては、上履き・下足の区別等、使用ルールに従うこと。
(8)貴重品や身の回りの物は、自己の責任で保管するか、あるいは加盟団体で管理すること。


  • facebook
  • twitter

新着情報をメール配信

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

公式Webサイト用バナー

公式Webサイト用バナー
ご自由にお使いください。

スポーツ委員会サイト

スポーツ委員会

アクセスカウンター

累計(4/29~)

本日

昨日
PAGETOP